【同盟学院】同盟メールと法令の活用

同盟メールと同盟の法令は同盟の管理職が法令と任務を発表するための重要な手段です。特にメールの内容が多い場合、座標添付、要点がわかる論理的な文章が必要とされます。同盟メール編集のコツを身につけ、メールを読みやすくすれば、同盟内の効率的な交流を図れます。

一、同盟メールと法令の特徴

1.  同盟メールまたは法令で同盟のお知らせを発表すると、すべての同盟メンバーのメールアイコンに確認通知が表示されます。

2.  確認後の同盟メールと法令は削除できないため、通常の場合は誤って削除することはありません。過去のメールを確認するのも簡単です。

3.    同盟法令を発表できるのは盟主、副盟主、指揮官だけです。同盟の公告と同様に、発表後の法令は再編集や削除が可能です。

二、 同盟メールと法令の編集のコツ

同盟法令と同盟メールの編集コツは同様で、違うのは位置づけと権限のみです。以下はメールと総称します。

1.  座標入れ

メールに地図の座標を入れることで任務情報を伝えることができます。タップすることで該当場所へ移動します。メール内容に座標を入れる方法は2つあります。

一つは座標をメールに送信します。この方法は座標が1つの場合に適します。座標をメールに送信後、該当説明を編集します。目標場所をタップし、「座標シェア」をタップし該当場所を選択して送信すれば完了です。

もう一つは座標の数字を記録してから、メール編集の時に座標の書式に従って手動で「xxx、xxx」と入力します。するとメール内で自動的に移動可能な座標に表示されます。この方法はメール内に複数の座標がある場合、行を分けて座標と該当説明をする場合に適します。

2.文字色変更

メールを編集する際、「色文字テキスト」を入れることで、文字に色を塗ることができます。色を塗ることで重要な部分が目立つようになります。文字の色塗り方法と効果については下の図をご覧ください。尚書台で「変色」と入力しても確認できます。使用可能な色は計4種類です。色が表す意味も自由に組み合わせることができます。

三、 同盟メールと法令の使用場面

同盟メール:軍道の整備、埠頭への攻撃、攻城などの臨時または期間が短い同盟任務に適します。

同盟法令:戦略的な配置、同盟の管理方針、土地ルールなどのある段階のための同盟公告や重要な臨時決定に適します。

皆様もぜひ同盟メールと同盟法令の活用例をどんどんシェアしてください。

同盟メールと法令をうまく使えば、同盟メンバーとの効率的な交流や良好な関係作りを実現できます。逆にじっくり考えずに情報を発信すると、同盟メンバーを困らせる可能性があります。以上の内容を押さえ、同盟の共同作戦能力を向上させましょう!

 

本記事は別リージョンのユーザーがまとめた記事を運営が編集したものです。参考としてご覧ください。